2009年10月29日

once ダブリンの街角で

once.jpg

登場人物同士の関係をサラリとえがく事で、音楽の情熱的な雰囲気が強く浮かびあがっているなぁって感じた作品。

画作り自体もハンディカムでとったようなあれた画が作品全体のトーン(彼らの生活感)をうまく生み出している。

しかし、主人公はミュージシャンなのになんでこんなに演技がしっくりくるんだ。。

http://www.oncethemovie.jp/


seijimo
posted by TANGE blog at 16:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/33271392

この記事へのトラックバック