2009年12月15日

ゆれる

yureru.jpg

監督西川美和の精緻な人物描写に感嘆の映画だった。
一瞬一瞬の登場人物の心理状況に心を揺さぶられる。
女性の目線からの描写は大胆である。
男が躊躇してしまう表現を平気で飛び越えてしまう大胆さが、この映画を骨太な作品に仕上げている。

西川監督の作品は「ディア・ドクター」が始めてだった。今作はその一つ前の作品。
どちらも一発の表現で人物像が飛び込んでくる演出が見事だ。日常の中で色々な感情にふれているのだろうと感じる。

しかし、男はロマンチストで女は現実的とはよくいったものだ。


seijimo
posted by TANGE blog at 15:01| Comment(14) | TrackBack(0) | 日記

2009年12月12日

あの夏、いちばん静かな海。



全編を通して淡々とした時間の流れ、単調な動き、取り留めもない会話、すべてがゆるやかに進んでいく。しかし、それがすべてこの映画の神髄だった。

エンターテインメント系の映画に毒されていたのか、こういう作品を享受することが出来ない人になっていた。
完璧に仕組まれた構成にお手上げ。見終わった後、すぐにもう一度見たくなってしまう。なぜ涙が出てしまうのかわからない、ラストシーン。

この作品から自分の中で「映画と物語」という構図が浮かんできた。


seijimo
posted by TANGE blog at 10:01| Comment(77) | TrackBack(0) | 日記

2009年12月09日

アヒルと鴨のコインロッカー

36c10e50-s.jpg

伊坂幸太郎原作。綺麗なトーンでつくられた映画だった。ストーリーの展開が上手い。中盤からたたみかけるように見せてくれるのはお見事。ただ、若干ストーリーに画がのっちゃってるのが気になる。見終わった後、記憶に残る画が少ない。やはり、映画は映画としてつくられたものが好きだ。

主演の男の子濱田岳がいい演技をしている。ちょっと注目してみよう。瑛太はカッコイイ。



seijimo
posted by TANGE blog at 11:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年12月06日

3-4×10月

2nd.jpg

北野武監督作品第二弾。前作同様暴力をえがくということは続いている。ただ今作では、その一側面に偏らず、画の美しさを求めたシーンが印象に残る。「その男」が武自身のテーゼを映画に落とし込んだものならば、「3-4」は映画の表現へ挑戦し始めた作品なのだろうか。脚本なしで進められたというこの映画で成功と失敗を得ているという事が伺える。

しかし、北野作品を語るにはあまりにも映画を見ている数と語彙が足りない。自分の課題を肌で感じる。



seijimo
posted by TANGE blog at 12:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年12月03日

ホノカア ボーイ



全体のトーンがとても好きな映画。とりわけ倍賞千恵子のキャラクターが冴え渡る。老人の語る言葉を下敷きに物語がすすんでいく。
ただ、全体のストーリーなどは大衆向けでもいいのだが、演出のディテールに自分の琴線に触れる部分がほしかった。

分かりやすい演出をした時、視聴者を引き込めなければ冷めたものになってしまう。また、こういった作品なだけに蒼井優と深津絵里の出演が興行目的でないことを祈りたい。好きな役者さんもあって気になってしょうがない。



seijimo
posted by TANGE blog at 20:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年12月01日

その男、凶暴につき

1st.jpg

北野武初監督作品
極端にすくない台詞の数。リアリティのある日常とはそういうものだ。おおまかなストーリーが分かれば、例え沈黙でもそこに声が聞こえてくる。そこで自分なりの台詞をあてればいいことだ。

物語として使われる言葉や演出をそぎ落とした先に新しいエンターテイメントが生まれてくる。

漫才にもその流れを吹き込んだビートたけし。舞台の言葉を排し、日常の口調を持ってくることで新しい笑いが生まれて来たのだろう。(リアルタイムではないので推測)
笑いでの世界観の構築と映画での構築の仕方がダブって感じる。
そしてその中で映画は何を語るべきなのか。何の為にあるのか。これから「映画と物語」という構図で考えてみたい。

しかし、改めて北野武の暴力性を見た。ここから20年間、新作「アウトレイジ」(2010年公開予定)までどういう映画作りをしていくのか楽しみになってきた。



seijimo
posted by TANGE blog at 14:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年11月28日

新作制作中

001.jpg

昨日、制作中の短編映画の2回目の編集試写をした。
今回はプロットの段階から参加させてもらった。(監督ありがとうございます)
大きく編集した後、アニメーションの入れ方を検討する。ここからが本格的なTANGE FILMSの制作になる。しかし毎度毎度、編集によって作品が全く違うものになることを実感する。1回目より格段に伝わりやすいものになっていた。

これから何度も何度も優しく育てあげ、末は世の中に出ていくのを見守ってあげる。まるで我が子が巣立つようだと、下手な妄想をひろげて・・・やっぱり違うなとバカな時間を楽しむ。



seijimo
posted by TANGE blog at 19:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年11月27日

酉の市

IMG_0357.JPG

毎年11月の恒例酉の市。今年も行ってきました。

大学時代の助手さんが面亀というお店をやっておられます。そんな関係で5年くらい前?から毎年行くようになりました。
日本の行事というのはいいものです。儀式と作法があり、非日常感が味わえる。屋台なんかも見ているだけで嬉しくなっちゃうし。こういうものはその場に行って気持ちを更新する必要がありますね。

さぁ、次はお正月。昔のように言えば気持ちよくみんなで歳をとりましょう。

でも毎年、元旦より大晦日に盛り上がっちゃうのはなんでだろう。
忘年会は好きだけど、新年会はなんか勢いでないだよね。



seijimo
posted by TANGE blog at 10:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年11月25日

This is it

20090909003fl00003viewrsz150x.jpg


人間マイケルジャクソンと神マイケルジャクソン

伝説とかキングとか神とか...って言葉で書き始めたかったけれど、率直にマイケルジャクソンも人間なんだという思いが残った。ステージを作り上げようとする姿はまさに人間のマイケル。自分への苛立ちも他人への苛立ちもある。しかし、人間であることが本当のすごさを感じる。他の表現者は「人間が作り出すもの」という感じが残ってしまう。でも彼はその域をはるかに超えた作品を作り出してくれる。そこで神格化かされた人間を見ることになるのだ。

脳天に突き抜けるというよりも、腹の中でズシズシと響き渡る感動の波に、なにもないシーンで涙がこぼれる。彼がいないというセンチメンタルな感情ではない。ただ、例えようのないものに包まれている感覚なんだろう。ただただ幸せな時間と空間の中にいた。


seijimo
posted by TANGE blog at 10:15| Comment(62) | TrackBack(2) | 日記

2009年11月22日

打ち上げ




作品の打ち上げで三軒茶屋で飲む。今頃この映像はシンガポールで初上映されている。たくさんの才能が集まって意欲的な作品に仕上がった。そして、この作品はおそらくTANGEのマイルストーンになる作品である。

一つの作品を作ると新しい発見も、自分が立てていた仮説の証明も出来る。今回もその発見と証明があった。
後は色々な人に見られることで作品として強度が出てくるのだ。作品の成熟が待ち遠しいと思いつつ、昨日は少し飲み過ぎた。


seijimo
posted by TANGE blog at 00:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記